ゴルフラウンドで必要な道具5選

ゴルフ

こんにちは、しげきんです (@shigeki017) 。

ゴルフラウンドでよく使われているものって何かありますか?

ゴルフラウンド用の道具はいろいろありすぎるため、どの道具を買ったらいいか悩やみますよね。

こういった人におすすめ

  • ラウンド用の道具が多すぎて何を買ったらいいかわからない
  • 人が使ってよかった道具を知りたい
  • 本当に必要な道具以外買いたくない

今回は自分がゴルフラウンド行うときに必要な道具を5つ紹介させていただきます。

ゴルフランドに必要な道具

  1. レーザー距離計
  2. GPS距離計
  3. セルフスタンドクラブケース
  4. 大きなマーカー
  5. グローブホルダー

これらを使うことでより快適なラウンドを行うことが可能となります。

ぜひ試してみてください。

あわせて読みたい
初心者ゴルファー必見~飛距離計のすすめ~

レーザー距離計

セカンドの距離を測るのに必要不可欠です。

最近はGPS内蔵のカートが普及しておりグリーンまでの距離が大体わかるものが多いですが、カートから離れると距離がわからないですし、100yard杭もセンターからの距離だと思っていたらエッジだったなどと勘違いしたままショットし距離を間違えて損することがあったりします。

なのでその場で正確に距離が測れる距離計はあって困ることはありません。

自分はNikon ゴルフ用レーザー距離計 COOLSHOT 80i VRを使用しているのですが、こちらは手振れ補正がありピンとも合わせやすく、機能としては申し分ありません。

また、望遠鏡としても使えて、意外にドライバー等で傾斜道に落ちたボールを探すのにも使うことができます。

ただ、難点としては2点となります。

1つ目はケースがそれほど頑丈でないため、たまに落ちそうになる点です。

2つ目は電池がなくなる警告がないため突然電池がなくなり距離が表示できなくなるという点です。

そのため電池の予備は常備しております。

ただ、月1ゴルファーだと1~2年くらいで1回の交換で問題ないです。

ちなみに機器による誤差は±1yardくらいでした。こちらは同じものを持っている人と一緒の場所で何度か測定してみたので間違いないです。

さすがNikon製だなと感じました。

ただ、『飛距離が正確にわかってもどうせそんなに正確に距離打てないのだから必要なくないか』と言われることがありますが、これは間違いだと思っております。

自分のショットがばらつくのに実際打とうししている距離もばらつくとなると、ばらつきが2つのることになりよりばらつきが大きくなります

正確な距離が打てないからこそ正確に距離を測り、実際の距離とのばらつきを減らすべきです。

ほかにも、Bushnell(ブッシュネル) ゴルフ 距離測定器 ピンシーカーツアーV5シフトジョルト レーザー距離計は結構使われている方が多いです。

難点としては、ピン調整まであるものは値段はなかなかに高額なため、買うときはどのレーザー距離計がいいか自分の財布と相談してから買うことをおすすめします。

GPS距離計

こちらはレーザー距離計を持つまではメインで使用しておりました。

現在の用途は2点です。

  1. ティーショットやセカンド時のハザードの距離把握
  2. ピンが見えないシチュエーション

こちらも最近はいいものが出てきており、レーザー距離計よりもリーズナブルですのでまず距離を把握したいのならこちらからチャレンジするのもいいかと思われます。

種類としては時計型とディスプレイ型と携帯アプリがあります。

金額は9,000円~25,000円台と結構振れ幅が多いので価格と機能でものを選べばいいかと思います。

自分はディスプレイ型を使っているのですが、かさばるため持ち運びが楽な時計型をおすすめします。

アプリについては携帯の電池がとてつもなく消耗するので自分はあまりおすすめしないです。

セルフスタンドクラブケース

セルフプレイ全盛期においてセルフスタンドクラブケースは必須品といってもいいです。

こちらはセカンド以降で持っているとすごくゴルフが楽になります。

何が楽かといいますと、パターやウェッジ等をバックでまとめて持ち運ぶことができます。

それによりアプローチ地点での使いたいクラブを忘れることや、パターをカートへ置き忘れる。

クラブをグリーン付近に忘れてしまうといったミスをかなり軽減できます。

(ただ0化はできないです。後輩がバック事忘れそうになったのを見たので(笑))

また、ボールやティーなども入れることができて小物入れとしても使うことができて便利です。

最後に今回の話とは少し違うのですが、練習場に行くときにスタンドクラブケースがあると便利ですよ。

練習でそこまでクラブ本数使わない時にはキャディーバック持っていくと重いので入れ替えて持って行ってます!!

大きなマーカー

これは単純にグリーン上でマーカーを見失わなくてすみます。

ラウンドでよくあるのですが、マーカーが小さかったりするとマークした後にグリーンを読もうとしてカップの後ろから自分のボールの位置を確認しようとしたのだが、見当たらなくて・・・探す時間がかかりまともにラインを読めなかったってことがよくあります。

マーカーの大きいものを使うようになってからはこういった問題は起きておりません。

難点としては他人のラインと近い場合は、いちいち動かしたりしないといけないので、それを避けるために状況によって小さいマーカーと使い分ける必要がある点ですかね。

グローブホルダー

グローブをバックの外に出すことができる点が良いです。

グローブをキャディーバッグに入れておくと、しわくちゃになってしまいます。

また、汗をかいた後にバックの中に入れておくと異臭が問題になったりする点を解決してくれます。

難点はキャディーバッグとのつなげるところが外れやすいため、突然取れたりすることがあります。

こちらはキャディーバックとつなげるところを100均で外れにくいものを買って付け替えれば使いやすくなりますよ。

最後に

今回はゴルフラウンド行うときに必要な道具を5つ紹介させていただきました。

ゴルフランドに必要な道具

  1. レーザー距離計
  2. GPS距離計
  3. セルフスタンドクラブケース
  4. 大きなマーカー
  5. グローブホルダー

まだ、買っていない方は実際に試してみて、より快適なゴルフラウンドを実施してみてください。では☆彡

にほんブログ村 ゴルフブログ 初心者ゴルファーへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました