ゴルフ初心者必見~コースでの注意事項3選~

ゴルフ

こんにちは、しげきんんです。

皆さん、初めてラウンドや久々のラウンドでできるだけスコア良くしたいですよね。

ただ、いきなりショットのレベルを上げることは難しいですが、コースでちょっとしたことを意識することで数打ミスが減らすことが可能です。

こういった方におすすめ
  1. コースデビュー前の方
  2. コースでいつも同じミスが出る方
  3. 練習をせずにある程度スコアを良くしたい

ゴルフ初心者必須、覚えておくコース上でのマナー

ティーショットでの意識

初心者君
初心者君

よし、ティーショットだ!!

かっ飛ばすぞ!!

しげきん
しげきん

おいおい、右の山に向かって構えているけど大丈夫?

ティーショット打つ前にいろいろ確認しないと無駄な一打を打ってしまうよ・・・

初心者の方やあまりラウンド慣れしていない人は、ティーショットの時にあまり考えなしにティーを刺してショットを行っている人が多いです。

唯一ティーショットは範囲はあるものの打ちたいところを選べる利点があるのにそれを使わないのはもったいないですよね。

ちゃんとしたところで打つことで無駄な一打をなくすことができます。

ティーショットで大きく意識するのは2点です。

ティーショットで意識するところ
  1. ティーグランドの向き
  2. ティーグランドの傾き

初心者の方はティーグランドは必ずフェアウェイ方向向いていると思っている人が多いです。

しかしながらコースはそんなに甘くはありません。

ティーマーカーの向きにあわせて構えると右の林なんてコースはざらにあります。

というか設計者があえてそうなるように作っています

なのでしっかり後方から方向を確認して構えないと、せっかくのナイスショットが林へということに・・・

次にティーグランドはフラットであると思っている初心者の方も多いです。

コースはそんなに甘くはありません(2度目)

場所によってはライが悪いところも多々あります。

初心者は何も考えずど真ん中に構える・・・そんな人が多いです。

せっかく自分で打つ場所を選べるのにあえて難しいライで打ちにいくのはもったいないですよね・・・

初心者君
初心者君

構える場所自分で決めろって言われても・・・

どこがいいかなんてわからないし・・・

しげきん
しげきん

最初のころは上級者のさしている位置と同じところがおすすめですよ。

でも、どこで打ったいいかわからない人は、うまい同伴競技者の打ったところで打ってみるか、ショットが打たれた形跡が多いとこ(特にショートコースだとターフ跡が多いところ)で打ってみるとよいです。

うまい人が打っている場所やたくさんの人が打った場所は打ちやすいことが多いです。

打ちやすいところで打つ方が絶対良いショットが出やすくなりますので意識していい場所で打ちましょう。

無理をしない

セカンドショット、ドライバーがスライスして右の傾斜地に。でも150ヤードで7Iでフルショットで打てばグリーンオン可能だ・・・って時に何も考えず7Iで打ってたりすることありませんか?

過度な傾斜地・ディポット・フェアウェイバンカーなどライが悪いところでフルショットを打つことは上級者でも難しい(自分には無理)という自覚なく、残り距離だけでクラブを選ぶと、ダフったり、チョロしたり最悪スカることも・・・

しげきん
しげきん

1%のスーパーショットよりも、次のショットを確実に打てるようにすることがスコアアップには大切ですよ。

そういったライの場合は、番手挙げてスリークォーターやハーフショットという選択肢があります。

ただ、最初のころは長い番手で3クオーターショットなんて言われても難しいですよね。

そもそも長い番手で打つこと自体が難しい場合には、割り切って3打目を考えて短いクラブ(PW、AWなど)でショットを行ってください。

うれしさとしては、届かなくなるので乗せたいという気持ちがなくなり力みがなくなります。

届かないの無理にテイクバックを大きくとらなくなると、飛ばすための動作がなくなり変に力んでミスをすることがなくなります。

初心者君
初心者君

どうせ届かないなら気楽に打てますよね♪

急がば回れということで、無理してスーパーショットを狙うのではなく、確実に打てるショットを選択することで結果的に無駄な1打を減らすことが可能です。

とりあえずグリーン乗せる

2打目グリーンを右に外してラフへ・・・次のショットはバンカー越えのアプローチ。

ピンは手前なので、ここはプロみたいにふわっと上げてスピンをかけて劇寄せ狙って打つとバンカーど真ん中・・・それを嫌って力むとトップしてグリーンオーバーなんてことないですか。

どうしてもアプローチはピンの近くに寄せたくなりますが、状況によっては今の技術では寄せれないような位置にボールがあることがあります。

うまい人は技術があるのでその状況でも寄せれますが、初心者などまだ技術がない人がそういった状況で無理してピンを狙いに行くと大けがします。

難しい状況の場合、ピンを狙うのでなくとりあえずグリーンに乗せるようにしてほしいです。

グリーンのどこかに乗せるだと意外に広く簡単なことが多いです。下手にバンカーやグリーン奥のラフに乗るくらいなら、遠い位置からパッティングのほうが良いスコアで上がれる可能性が高いです。

また、アプローチでボールを落とす範囲が広くなると、気持ちが楽になり逆に寄せれるってこともあります。

最後に

今回はコースでの注意事項3選まとめてみました。

考え方やちょっとした意識、気持ちの持ち方でスコアを縮めることは可能です。

コースで意識すること
  1. ティーショットでの意識
  2. 無理をしない
  3. とりあえず、グリーンに乗せる

これを意識するだけで初心者の方は、5~10打変わると思います。

ラウンド前に意識してみていただくことで今度のスコアでベスト更新も夢ではないと思いますのでぜひ試してみてください。では☆彡

ゴルフラウンド当日の練習法4選

初心者でも簡単 SWでのフェイスの開き方について

にほんブログ村 ゴルフブログ 初心者ゴルファーへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました