初心者ゴルファー必見~コースで気を付けること3選~

ゴルフ

こんにちは、しげきんです (@shigeki017) 。

皆さんはゴルフ始めた最初のころ知っていたら、もう少し楽にラウンドできたのになってことあったりしませんか❓

そこで今回は、ゴルフ初心者の時に知っておいたら良かったなと思うことについて紹介したいと思います。

こういった方におすすめ

  1. コースデビュー前
  2. コースで同じミスをよくする
  3. デビュー前にコースで気を付けることを知りたい

ラウンドを数回経験している人は結構知っていることです。

ただ、知っているだけでスコアが数打から数十打変わる可能性がある内容となってます。

コースで気を付けること

  1. 右を向きやすい
  2. 傾斜なりに球が飛ぶ
  3. 芝に食われる

しっかりラウンド前に予習して無駄な一打を減らしていきましょう❕❕

右を向きやすい

ゴルフの構えの性質上、スタンスが右を向きやすいです(右利きの場合)

初心者君
初心者君

よし、朝一ドライバーかっ飛ばすぞ

しげきん
しげきん

・・・右の山に向かって構えているけど大丈夫?

初心者君
初心者君

・・・まじで

ショットでのミスの大半がアドレスミスによるものです。

特に右に構えてしまうミスをしてしまう人が大半です。

大半の初心者は図の悪い構え方のようにターゲットに肩を向いてしまう傾向があります。

このような構えでは右に球が出てしまうか、クラブフェイスだけターゲットに向いているため極端なフックが出てしまいます。

初心者君
初心者君

右に球が出るのは自分のスイングが悪いと思っていました・・・

しげきん
しげきん

ミスショットは自分のショットの実力だけだと思っている人が多いですね。

でも、構えが悪いほうがかなりの確率を占めています。

逆に構えがしっかりできればミスを極端に減らすことも可能です。

良い構えのように、ターゲットより少し左を肩を合わせるように構えることでアドレスによるミスをなくすことができます。

でも、そうは言われてもそう簡単に構えのミスをなくすことは難しいです。

そういったミスをなくすためには

スタンスで右を向かないためには

  1. ボールの近くにスパットを探す
  2. クラブの向きに合わせてスタンスを平行に合わせる

が重要となります。

ボールの近くにスパットを探す

遠い距離でものをあわそうとするとどうしても感覚でずれてしまうので、できるだけ近くのものであわすのが効果的です。

イメージとしてはボウリングで球を投げるときの方向の合わせ方です。

ボウリングはピンを見て投げるよりも、前にある三角形に向かって投げるほうが安定します。

その三角形のことをスパットといいます。

(👆昔ボウリングのブログ書いていた時の画像を添付)

ゴルフでも同じように打つときにターゲットとボールを結んだ直線状でボールの近くにある葉っぱやディポット痕を基準にクラブフェイスを構えるとずれにくくなります。

クラブの向きに合わせてスタンスを平行に合わせる

スパットを見つけることが出来たら、今度はスタンスです。

コツとしてはクラブフェイスを基準にフェイスの向きと平行に構えます。

これができると最初にいったように右に構える可能性は低くなります。

それでも右を向いてしまう場合

それでも右を向いてしまうんですが・・・

しげきん
しげきん

そういったときの最終奥義があるよ♪

それでも、右を向いてしまう方についてですが、自分が初心者のころにやっていた方法があります。

はなから、自分は右を向いてしまうのを前提に構えたら左足をボール一個分後ろに引く。

つまりオープンスタンスにします。

これだけです。

簡単ですし、再現性もある意味高いのでショットが安定します。

しっかり構えれるまではオープンスタンスをやってみるのもいかがでしょうか。

傾斜なりに球が飛ぶ

よしピン向かってナイスショット!!

あれ左に曲がった・・・スライサーなのに

しげきん
しげきん

いや、つま先上がりの傾斜だし・・・

そりゃ左に行くよ

こちらもよくあるミスである程度の傾斜地でのショットは球が曲がったり、高さが変わったりします。

傾斜球筋
つま先上がり左に球が曲がりやすい
つま先下がり右に球が曲がりやすい
左足下がり球が上がりにくく、距離(ラン)がでやすい
右足下がり球が上がりやすく、距離が落ちやすい

上の表のように球が飛びやすい傾向があります。

クラブによっても傾向が出やすい出にくいがあります。

長い番手だと曲がりやすいく、ウェッジ等といった短いクラブは影響が小さいです。

短いクラブで特につま先下がりだと極端に右に出ることを意識してしまうと左のミスが出ることが多いので気を付けてみてください。

また複合ライ(つま先上がり、右足下がり)といったライですとかなり打つのが難しくなります。

そういうライだと無理せず、自分の自信があるクラブ(短いクラブ)で打つように心がけるとチョロとかのしょうもないミスを減らすことが可能となります。

しげきん
しげきん

難しいライでは無理しない。

しっかり覚えておいてください!!

芝に食われる

特にラフからのアプローチで注意が必要です。

アプローチ寄せるぞ・・・

あれ、思ってたよりだいぶ左につかまった

しげきん
しげきん

ラフだし・・・芝に食われるよ・・・

ラフの芝が長いライでのアプローチショットで芝に食われて左に行くパターンは多いです。

どうしても芝が長いとクラブフェイスに食いつきます。

そうなると芝に食われてフェイスが返ってしまい左へ球がいってしまいます。

うまい方はクラブフェイスを開き、食われにくくするなどの対策を行っています。

ただ開き方は経験則が必要なので、その感覚をつかむまでは左に行くのを想定して少し右に構えるのをおすすめします。

最後に

今回はゴルフラウンド上で気を付けること3点紹介いたしました。

コースで気を付けること

  1. 右を向きやすい
  2. 傾斜なりに球が飛ぶ
  3. 芝に食われる

これらはテクニック関係なくちょっとした注意で対応可能ですので、初心者でも簡単に対応できます。

こういったことを意識するだけで数打、または十数打スコアが良くなること間違いなしなのでぜひ覚えていってください!!

では☆彡

にほんブログ村 ゴルフブログ 初心者ゴルファーへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました