初心者でも簡単 SWでのフェイスの開き方について

ゴルフ

こんにちは、しげきんです。

バンカーやグリーン近くのアプローチでよくフェイスを開いて打つと聞きますよね。

でも実際フェイスを開くといわれてもどう打っていいのかわからなくないですか。

ここではフェイスの具体的な開き方具体的に使用するシチュエーションについて説明します。

こういう方におすすめ

  1. フェイスの開き方がわからない
  2. フェイスがうまく開くことができない
  3. フェイスを開くシチュエーションが知りたい

上記の方々向けの記事になります。

フェイスの開き方

  1. フェイスは開いたのちグリップする
  2. グリップ位置は身体の真ん中付近で実施
  3. 少しオープンに構える

理解できるとそこまで難しいことではないので、具体的に説明させていただきます。

フェイスの開き方について

開きたいフェイスの状態を作ったのち、身体の真ん中でグリップをする。

フェイスが開いている分、オープンスタンスで構えてからショットを行う。

これだけになります。

初心者君
初心者君

でもそれだとフェイスが明後日の方向に向くのだけど・・・

こんなので打てるの?

しげきん
しげきん

フェイスが打ちたい方向に向いてないのは問題ないですよ。

フェイスを開くと、フェイスの向きが打ちたい方向でなく斜め方向になってしまいますが問題ないです。

初心者が勘違いしているフェイスの開き方

フェイスの向きを打ちたい方向に合わせる

もし、フェイスの向きを打ちたい方向にあわせて開こうとした場合ですが、そうしようとすると手がやたら後ろに下がってしまいます

そんな状況では球なんて打てないですよね・・・

ただ、フェイスが明後日の方向を向いているのに打つと変なところに飛んでいくように思えますよね。

実際打ってみるとわかるのですが開いて振っても少し左に行くが思ったほどいかないことがわかります。

球の飛ぶ方向はスイング軌道が大半を占めています。

なのでバンカー等でフェイスを開く場合は少しだけオープンスタンスにしてください。

これだけで思った方向に打つことができます。

ただ、どれくらい左に行くかは練習しないと感覚がつかめないのでそこは練習場でしっかり練習して感覚をつかんでみてください。

グリップした状態で開こうとする

また、普通のフェイスの向きでグリップをした後にフェイスを開こうとする人も多いです。

そうしてしまうと手がやたらひねったような状態になります。

これだとまともに打てるわけがないです。

ですのでまず、フェイスを開いてからグリップするように心がけましょう。

フェイスが開くことができれば

フェイスを開くシチュエーション
  1. アゴが高いバンカー脱出
  2. バンカー越えでピンが近いときのアプローチ
  3. グリーン奥からのアプローチ

こういった状況での使用すると効果が絶大です。

ただ、このショットを覚えることでの欠点としては、いつでもどこでもこのショットを使いたくなる点です。

しげきん
しげきん

せっかく覚えたのだから使いたくなりますw

不必要な場所でも使ってしまうとスコアが悪くなってしまいます・・・

アプローチは基本は転がしなのに、浮かすアプローチが打てると使いたくなります。

フェイスを開いたショットは難度が高いのに多用してしまいます。

どうしても覚えたてのショットは使いたくなるのですが、不必要なシチュエーションで無理に使用するとミスが増えるので気を付けましょう。

また、ライをしっかり確認してから使用する必要があります。

フェイスを開くのが難しいシチュエーション
  1. 左足下がり
  2. ボールが沈んでる
  3. フェアウェイやカラー

こういった状況で打つにはかなりの技術が必要になります。

ですのでそういったときはできるだけフェイス開かずにショットすることを選択するほうが良いです。

最後に

今回はフェイスの開き方について記事にいたしました。

今回のまとめ

  1. フェイスは開いたのちグリップ
  2. フェイスの向きが打ちたい方向にないのは問題ない
  3. 少しオープンに構える

理解できるとそこまで難しいことではないです。

次のラウンドでしっかり使えるように練習してみてください。では☆彡

にほんブログ村 ゴルフブログ 初心者ゴルファーへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました