ゴルフ初心者必須~覚えておくゴルフでのマナー3選~

ゴルフ

こんにちは、 しげきんです (@shigeki017) 。

突然なのですが、ゴルフってすごくマナーが厳しくめんどくさそうだなと思っていませんか❓

確かに服装やバンカーの慣らし方、グリーンでのボール痕の治し方など、ゴルフのマナーは初心者には難しい印象があります。

ですが、しっかり基本さえ分かっていれば、そんなに気をはることはありません。

ここでは必要なマナーを数個紹介しますのでこれを意識していくことでジェントルマンを目指してください。

おすすめ記事
ゴルフ打つまでに時間をかけるデメリット3選
ゴルフ初心者必見~コースマネジメントについて~
初心者ゴルファー必見~上手い人と回るメリット3選~

ゴルフ場に行く前に

ゴルフ場に行くにあたって、事前に準備しておくべきことや覚えておくべきことがあります。

ゴルフ場に行く前に覚えておくべきこと

  1. 服装
  2. クラブハウスへ行く時間

服装

服装としては、クラブハウスでの服装とプレー時の服装の2つに分かれております。

クラブハウスでの服装

クラブハウスでの服装ですが、基本的に以下の通りとなります。

  1. 襟付きの上着
  2. ジャケット(夏は除く)
  3. チノパン・スラックス等
  4. 革靴

一昔前よりはラフになりましたが、良いコースではかなり厳しいです。

初めてのコースでは、あまりカジュアルな服装にはせずに会社で着て行っても問題ない服装がベターです。

プレー時の服装

プレー時の服装ですが、基本的に以下の通りとなります。

  1. 襟付きのポロシャツ
  2. ジャージやジーンズでないズボン
  3. 帽子
  4. ゴルフシューズ

最貧だとかなりカジュアルな服装(夏のハーフパンツ)もOKになってきております。

とりあえず、最初のころはゴルフショップでコーディネートするのが無難かなと思われます。

クラブハウスへ行く時間

結論としてはプレー開始時間の30分から1時間前にはクラブハウスでチェックインが住んでいる状態が望ましいです。

ギリギリで準備をすませると自分だけでなく、一緒に回る人やその後プレーされる方々みんなに迷惑をかけてしまいますので、時間厳守を基本に早め早めの行動を心がけてください。

早めにチェックインする理由

  1. 着替え
  2. お手洗い
  3. ゴルフバックを詰め込む作業

着替え

プレーする服装に着替えるまでの時間が必要です。

クラブハウスでチェックインするとロッカーのキーが渡されてロッカー室で着替えます。

この時間と貴重品を貴重品ロッカーに入れる作業などと結構時間がかかってしまいます。

お手洗い

ラウンドは基本的に朝早いことが多く便意を催すことが多いです。

また、プレー中ですと3~5ホールに1か所しかトイレが完備されていませんので確実にプレー前に済ませることをおすすめします。

ゴルフバックを詰める作業

こちらは基本的にはクラブハウスの方々が行うのですが、名前を確認して各カートに詰め込む作業があるためギリギリでもってこられるとクラブハウスの方々に迷惑がかかります。

またネームプレートは確実に自分の名前を書かれたものをつけてください。

たまに親のバックで来たせいで誰のバックかわからず現場が混乱するといったことがあるのでご注意を!

また、完全セルフで自分でゴルフバックを入れないといけないコースもあります。

慣れてない作業になりますので時間がかかりますので早めの行動を!!

プレイファースト

最近のゴルフはセルフプレイが多くなったせいか、たまにプレイの進行が人によってはすごく遅い人がいます

遅くなると組の進行が遅くになり、後ろの組からは遅いとイライラされ、係の人からは急いでくださいとせかされるなどいいことが全くありません。

しかも遅い人自体はその自覚がないからたちが悪いです・・・そうならないためにも最初のころからプレイファーストの意識を持ったほうがよいです。

プレイファーストで意識すべきこと

  1. アドレスに入ってからできるだけ早く打つ
  2. セカンド・サードの位置には2~3本クラブを持っていく
  3. グリーン上では自分の番になる前にある程度グリーンの読みをやっておく

これらを意識することが大切です。

アドレスに入ってからできるだけ早く打つ

こちらについては、本当に遅い人はかなり遅いです。

構えてからアドレスが気になるのかグリップが気になるのか・・・固まって10秒後にショット・・・

アドレス前の素振りが多い人も気になりますが、それよりもアドレスはいってから止まる人は大変です。

周りは打つまでの間、静かにしないといけないためすごくストレスがたまります・・・

しげきん
しげきん

構えてから完全に止まる人を『地蔵さん』と揶揄されることがあります!

ですので最初はなかなか難しいですが、できるだけ構えたらすぐ打つ癖をルーティンとして取り入れていってほしいです。

セカンド・サードの位置には2~3本クラブを持っていく

セカンド地点にクラブ一本持っていったはいいが、距離が思ったより近かった・遠かったためカートに戻ってきて再度クラブを選びなおしてから戻る・・・

1回程度ならそこまでの時間ではないので、1ラウンドに何度もやられると相当な時間になります。

初心者君
初心者君

そんなこと言われても・・・

自分の位置でどのクラブ使うべきか正確に判断できないし・・・

しげきん
しげきん

なので、毎回複数のクラブを持っていく癖をつけてください!!

ボールに向かうときは最低2~3本、トラブルで見えない位置にボールが落ちたときは5本くらいは持っていくように心がけてください。

これをするだけでカートに出戻ることがなくなるはずです。

グリーン上では自分の番になる前にある程度グリーンの読みをやっておく

相手の番になるまでのんびりして自分の番になってからゆっくりとカップまでの距離を歩測で測り始めてしっかりラインを読んでパッティング・・・

ベテランの方でもたまにこういった人がたまにいますが、これはかなりイライラします。

グリーンに乗るのが遅かったためならまだしも、のんびりしている時間にある程度上りか下りか、大体どれくらいの距離かなど把握することは容易です。

ですので、相手のパッティングをのんびり見ている時間があったら、しっかり自分のライン確認に時間を使ってください。(相手の球の転がり具合はライン読みの参考になるのでしっかり見たほうがいいですが)

相手が気になることをしない

相手が気になることって何かといわれても難しいですが、自分が気になることは相手も気にしていることが多いです。

つまり自分が気になることはしないようにする必要があります。

主なの3つ挙げさせていただくと

相手のためにやること・やってはいけないこと

  1. 打つ人の真後ろ(右側)に立たない
  2. 同伴競技者のラインを踏まない
  3. ホールアウトしたらすぐにカートへ向かう

打つ人の真後ろ(右側)に立たない 

打つときに後ろや右など視界に入る場所に立たれるととても気になります。(距離が遠い場合はいいですが)

しかもジロジロみられていると気になってリズムが悪くなりショットが乱れてしまいます。

これは初心者の方は意外にやってしまうことが多く、特にパッティングで同じようなラインをうつ同伴競技者がいると、どうしてもラインが見たいがために真後ろに立ってしまうことも、これはなかなか相手が注意しづらい(気にしすぎと思われるのが嫌)ことなのでやらないよう心がけましょう。

初心者君
初心者君

パッティングの時、後ろからジロジロみられると変に緊張する・・・

しげきん
しげきん

これをやる人、意外に多いので注意です!!

また、打つ人のライン上に自分の影をカブせるのもやらないように心がけましょう。

同伴競技者のラインを踏まない

これは気にする人はかなり気にします。

自分はあまり気にするタイプではないのですが、スパイク痕を気にする人は気にしますし、マナーなので踏まないように気を付けましょう。

また、お先にの距離でのパッティングで相手のラインを踏まないと打てない時はマークをするか、踏んでも大丈夫か確認するようにしてください。

ホールアウトしたらすぐにカートへ向かう

グリーンでみんながパッティング終了した後は急いでカートに戻りましょう。

グリーン上でスコアの確認、歩いてカートに向かってしまうと、セカンド地点で待っている人は早くグリーン開けてくれよとイライラしてしまいます。

どうせ前の組も詰まっているからと思う人がいますが、セカンドで待っている人は前の前の組がどうなっているかはわからないです。

ですのでどうしても前の組が遅いと思いがちです。

ホールアウトしたならばすぐにクラブを拾って、カートへ急いで向かってからのんびりスコア確認を実施してください。

最後に

他にもできるだけうるさくしないなど、いろいろとマナーはありますが、とりあえず以下のことを意識していけば快適なラウンドを迎えることができるはずです。

ゴルフ場に行く前に覚えておくべきこと

  1. 服装
  2. クラブハウスへ行く時間

プレイファーストで意識すべきこと

  1. アドレスに入ってからできるだけ早く打つ
  2. セカンド・サードの位置には2~3本クラブを持っていく
  3. グリーン上では自分の番になる前にある程度グリーンの読みをやっておく

相手のためにやること・やってはいけないこと

  1. 打つ人の真後ろ(右側)に立たない
  2. 同伴競技者のラインを踏まない
  3. ホールアウトしたらすぐにカートへ向かう

コースでのマナーはとりあえず、できるだけスピーディーに相手の気持ちに立つことを意識するだけで問題なくプレイすることが可能です。

ただ、いきなりマナーをやるの難しいと思っている方は一度でいいのでショートコースを回ってみてください。

ゴルフのマナーやルール等を安い金額で体験できますのでおすすめとなります。

最後に、マナーは社会人として当然なことだと思いますので、しっかり学んでいって楽しいラウンドを!!では☆彡

にほんブログ村 ゴルフブログ 初心者ゴルファーへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました