現状のクラブ別飛距離について(’22年2月)

おすすめ

こんにちは、しげきんです (@shigeki017) 。

毎月定期的に自分のクラブ別の飛距離を更新していきます!!

こういった人におすすめ

  1. 一般的なアマチュアの飛距離はどんなものか知りたい
  2. 距離計がどれくらいの精度か確認したい(ユピテル、トップトレーサーレンジ)
  3. しげきんに興味がある人

興味ある方は記事の続きをぜひ☆彡

最近の結果

2月の結果

毎度恒例の測定器具はユピテルのATLAS GST-3 Gです。

今回はトップトレーサとの比較を実施しております<<Toptracer Range体験

以下が2月末に測定した結果となります!!

ヘッドスピード(m/s) ボールスピード(m/s) 飛距離(yard) ミート率 フラットキャリー(yard)
【トップトレーサー】
総飛距離(yard)
【トップトレーサー】
飛距離差(yard)
【ユピテル – トップトレーサー】
1W41.063.72291.5520624223
5W38.457.62011.5218820313
3U36.756.01911.5217118420
4I37.953.81791.4216017819
5I37.251.41651.381601685
6I36.048.01491.331491580
7I36.347.31421.30144149-2
8I34.045.21301.32140143-10
9I34.543.61211.26128135-7
PW33.337.31031.12120123-17
48°33.295110111-16
AW31.8899494-5

今回は全体的に飛距離が落ちていますね・・・

しげきん
しげきん

最近は仕事が忙しくて、全然筋トレできてないからな・・・

初心者君
初心者君

体重が減ったのも原因なのかも・・・

激務+体重減少(▲3kg)の影響かヘッドスピードが先月よりも平均2m/s落ちてます。

それに合わせて飛距離も落ちてきています。

やはり飛距離をキープするにはしっかり体力は付けていかないといけませんね。

飛距離アップに向けて

飛距離が落ちてきたので本格的に筋トレを始めようかと思っています。

そこで飛距離アップに向けた筋トレについて紹介していきます。

飛距離アップが見込める筋トレ

  1. スクワット
  2. ブランク
  3. 懸垂

ゴルフの飛距離アップには、

①スクワットで足の大きな筋肉を鍛える

ブランクにて体幹をしっかりつける

③懸垂にて背中の筋肉を鍛える

こういった部位を鍛えるのが効果的です。

本当はジムで筋トレを実施するのが一番効率がいいのですが・・・

このご時世ですのでなかなか行けるチャンスがないのが難点です・・・

しげきん
しげきん

ジムに週2~3日行ってた時が一番飛んでいたんだけどな・・・

初心者君
初心者君

せめて家でできることを頑張って飛距離キープはしたいものですね♪

飛距離の低下はスコアアップの妨げになります。

しっかり筋トレをして、最低限今の飛距離をキープしていきたいです。

あわせて読みたい
ゴルフコースをイメージした練習について
練習時に飛距離計を使うメリット3選

最後に

今回の測定で飛距離の低下を感じたため本格的に筋トレを再開していこうと考えています。

しげきん
しげきん

素振りをほぼ毎日行っているから飛距離は落ちないかと思っていたけど・・・

甘かった・・・

初心者君
初心者君

歳を取ると筋肉の低下は早いから・・・

しっかり筋トレしてください。

3月には今年初のコースデビューしたいのでそれまでに飛距離を戻せるよう頑張っていきたいものです。では☆彡

にほんブログ村 ゴルフブログ 初心者ゴルファーへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました